vラインを自分で処理する際に、毛抜きで処理したりすると肌が赤くなったり、肌荒れを起こしてしまったりすることがあります。vライン処理の際におさえておくべきポイントを知っていると、肌トラブルを最小限に抑えて処理を行うことができます。vライン処理方法は、毛抜き、化粧用コットン、タオル、保冷剤、化粧水またはローションを用意します。vライン処理方法で、おさえておきたいポイントはまず、処理する前に入浴をすると言うことです。そうすることで、体が温まって毛穴が開くので脱毛がしやすくなり、清潔な状態で行えるので雑菌による炎症を起こしにくくすることができます。vラインに沿って毛を抜いていきますが慣れていないときなどは下着を着けて下着のラインを目安に行うようにすると良いです。毛抜きでムダ毛の根元をはさんで、毛の生えている方向に引っ張るようにして抜いていきます。そうすることでスムーズに抜くことができ肌をいためないようにすることができます。処理をした部分にタイルで保冷剤をまいて、それを1.2分あてて冷やします。そうすることで、毛穴がしまり、脱毛処理の刺激からの炎症を防ぐことができます。最後におさえておくべきポイントとしては、化粧水またはローションを化粧コットンに染み込ませて、処理した部分の保湿ケアを行います。脱毛は肌に負担をかけてしまう行為なので最後にしっかりケアをすることが大切です。

vラインを剃毛処理する際のメリット・デメリット

vライン処理方法として剃毛があります。
剃毛をすることのメリットは、きれいな形のVラインができるということです。何も手入れをしていないと、伸び放題でショーツからもはみ出してしまいみっともなくなりますが、かみそりなどで剃ることで、きれいな形に整えることができたり、下着や水着からはみ出ずにすみます。デリケートゾーンの毛は、においをためて、フェロモンを発散させるために生えているという説があります。しかし、夏などあつい時期には、どうしても蒸れやすくなり、イヤなにおいを発する原因ともなります。しかし、処理をして量を減らしたり、本数を減らしたりすることで、むれを防ぐことができ、臭いを防ぐこともできます。とくに生理の時期など不衛生な場合でも、毛の量が減ることで、少し衛生的になります。
いっぽうで、vライン処理方法をかみそりで剃ることのデメリットは、永久脱毛をすることに比べて、すぐに生えてきてしまうため、頻発的に処理を繰り返さなければならないことです。また、一度そった毛は、同じ時期にいっせいに生えてくるので、見た目はお父さんのひげのように青くなってしまったり、触るとジョリジョリと痛くなることもあり、それが皮膚にささってかゆみを発症させることもあります。

vラインを毛抜きやワックスで脱毛処理する方法

vライン処理法というのは色々とありますが、現在のところブラジリアンワックスが主流となっています。その理由は費用が安くて手軽に利用できるので、最近では高校生でも利用する人が増えている様子です。シェービングはどうしても毛がチクチクしてしまうことから、vライン処理方法の中では徐々に優先度が下がってきています。シェービングは他の脱毛方法と併用することによって効果を発揮するため、家庭用脱毛器にシェービング機能が付いているのもうなずけることでもあります。vライン処理法と言うのは毛抜きを利用することも可能ですが、この方法については注意が必要です。確かにシェーバーよりも綺麗に処理できることから昔はvライン処理方法として広く用いられてきました。しかしながら、レーザー脱毛とは違って毛根の細胞がどうしても残ってしまい、再生するスピードが早いというデメリットを抱えています。また、綺麗に処理できないの埋没毛となってしまい、これはレーザー脱毛をする際にトラブルの原因となるためあまり毛抜きを使用することはおすすめできずにいます。ワックス脱毛というのは高校生のお小遣いでも自由に出来る範囲の手軽さで人気のある処理方法です。