女性にとって、体毛が濃く目立つということはとても恥ずかしいことで、身だしなみとしてもムダ毛のお手入れは欠かせません。最近はワキや腕、足など以外にもvラインといったデリケートゾーンの処理を行う人も増えており、脱毛処理に対する意識も少しずつ欧米化してきているようです。vラインなどの処理を済ませていると、女性には切り離して考えることのできない毎月の生理時を、かなり快適に過ごさせてくれるので、一度ケアするとやめられないという声は多いようです。生理の粘り気のある経血が陰毛に絡むと、蒸れやにおいの原因ともなり、不快感は否めません。しかし陰毛を短くカットし、範囲を狭めておくとそういった問題が防げるので、ブルーディの憂鬱感が軽減されます。しかし、カミソリなどを使っての自己処理では、生え始めがチクチクとして痛痒く、また繰り返す処理で黒ずみなどの色素沈着を引き起こしてしまうことも多いので、あまりお勧めできません。部位としても自分の目できちんと確認しながら行うことが難しいので、プロによるお手入れを受けることがベストな選択です。最近はエステサロンでもデリケートゾーンの施術が人気を集めており、考えているほど恥ずかしさなどもないと言われているので試してみましょう。

vラインの自己処理方法と注意点

女性にとって、自らの体をより魅力的に見せることは非常に重要な事です。
そうした身だしなみの中でも、特に気を使わなければならないのが体のいろんな場所に生えているムダ毛の処理です。
脇や腕、足といったひと目につきやすい部分は、特に念入りに処理を行うことが大切ですが、こうした部分以外にも、気を使わなければならない場所があります。
vラインやiラインといったアンダーヘアのお手入れも、ムダ毛の処理を行うことで、効果を表すことができる場所です。
普段は目につきにくいものの、水着を着るときや、恋人などと泊まりがけの旅行に行く時などは、こうした部分の処理も確実に行なっておくと安心です。
vライン処理方法には様々なものがありますが、多くの人は自己処理によって脱毛を行なっています。
自己処理をする際の注意点としては、ムダ毛の生えている面積を少なくし、下着や水着からはみ出さない形にシェイプすることがまず重要です。
また、ムダ毛の量を少なくするという事も効果的です。
vライン処理方法としては、シェーバーや毛抜きでまず形を整え、そのあとでハサミなどで毛の量を調節するといった順番が適していますが、ハサミで処理した毛先は鋭く尖ってしまうため、下着を突き破って表面に露出する時があります。
こうした時は、ヒートカッターを利用して、毛先を溶かして処理することで、毛先をなめらかに仕上げるのが有効な方法です。

vラインの処理、自分でどこまで出来る?

vラインの処理を自分でする時にはアンダーヘアが生えている場所の面積と長さを綺麗に整えることが重要になってきます。
vライン処理方法として面積を減らす時には皮膚の角質層を傷付けるおそれのない電気シェーバーを使用し、長さを整えるときにはヒートカッターを使うのがオススメです。カットするだけならばはさみが簡単ですが、鋭利にカットされた毛の断面が下着や水着を突き抜けてしまいやすいため、毛先を丸くしてくれるヒートカッターが適しています。
長い毛ははさみでカットし、肌を保護するためにワセリンを薄く塗っておきます。蒸しタオルを数分当てて毛を柔らかくしてから電気シェーバーで処理をして、処理後は再度ワセリンを塗り角質膜を保護します。
ヒートカッターを使用する時には、カットしたい毛先を少量つまみ、熱線の通っているコーム部分に通してカットしていきます。多少時間が掛かり、毛が焼き切れる時に臭いがしますが、綺麗にアンダーヘアを整えることが出来ます。
毛抜きで抜いてしまうと毛穴の中に黒い毛根が残る場合があります。
vライン処理方法を行う際にはあらかじめどんな形に整えるのかが大事になってきます。最初に残す形を決めてから処理にあたると無難です。